日頃より、当施設運営等につきまして多大なるご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、今般の新型コロナウイルス感染防止対策において、ご家族や面会をご希望される皆様には長期間に渡り面会自粛をお願いして参りました。面会については、施設、感染症対策委員会含め日々検討を重ねた結果、緊急事態宣言の解除に伴い当施設においても「ガラス越しの面会」を実施することとなりました。

なお、今後の感染状況に応じて面会の方法や再度の自粛をお願いする可能性もありますので、その都度お知らせして参りたいと思いますので、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

面会方法については下記のとおりです。

  1. まずは、電話にてご予約下さい(日程、時間帯)。
  2. 面会当日は受付へお声掛け下さい。体温測定等実施後、職員が面会場所へご案内いたします。
  3. 面会される方は2~4名までと致します。
  4. 面会時間は15分程度と致します。

注意事項:

※当日来所の際に体調不良の場合は面会をお断りさせていただくこともあるかと思いますが、その際はご了承下さいますようお願い致します。

特別養護老人ホーム桐寿苑

桐寿苑より採用情報の更新についてお知らせです。
介護員、看護員、調理員を募集いたします。

採用情報はこちらからご覧ください。
https://www.mishima1.jp/publics/index/13/&anchor_link=page13#page13

または採用情報のバナーよりご覧下さい。

お盆に入り、かき氷を行いました。

今年はとても気温が高く毎日暑い日が続いていたので、利用者の皆さんに涼んでいただこうと今年もかき氷を企画しました。

が、なぜか実施当日お天気がいまいち・・・

もっと暑かったらよかったのにね~と声を掛けたら、「そんなことねぇわい、今日も十分暑いから楽しみだ」「こういう天気の日にやるのもたまにはいいんでないか?」ととても優しい言葉をかけて下さる方ばかりで利用者様も皆さん大変喜ばれて、おかわりしたいという方もたくさんいらっしゃいました。

楽しいかき氷の日になり、喜ぶ顔が見られてよかったなぁと思う今日このごろです^^

新型コロナウイルスによる面会自粛のお願い

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
今年7月下旬より、全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続いております。
つきましては、今年のお盆等を含む当面の面会も自粛のご協力をお願い申し上げます。

なお、町内におきましてはテレビ電話(※町内専用のテレビ電話)を活用しての面会は可能ですので、その際は施設までご連絡を頂きますようお願い致します。引き続きの面会自粛について、ご理解とご協力をいただきますよう重ねてお願い申し上げます。ご不明な点等ございましたら下記までご連絡下さい。

(担当:生活相談係 0241-48-5033)

特別養護老人ホーム桐寿苑 施設長 秦 千代栄

7月28日は土用の丑の日。

と、いうことでこの日の昼食は鰻を召し上がっていただきました。

「香りもいいしなんだってうまい」と利用者皆さんから大好評でした^^

今年は特別暑い日が続いています。鰻を食べて暑い夏を乗り切りましょう

桐寿苑からのお知らせです。

ご家族の皆様方におかれましては、新型コロナウイルス感染症の防止について、ご理解ご協力いただき、心より感謝申し上げます。

さて、県内でもコロナワクチン接種が開始されているかと思いますが、当施設においても利用者様、職員それぞれ第1回目のワクチン接種が5月10日、12日、13日と3日間に分けて行い、第2回目についても、5月31日、6月2日、3日の3日間に分けて接種を行い、本日無事完了致しましたのでお知らせ致します。

今後も、引き続き当分の間の面会制限となりますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

なお、町外にお住いの方はお電話にて、町内にお住まいの方はテレビ電話でのご面会等は継続しておりますので、お気軽にご連絡下さい。

特別養護老人ホーム桐寿苑 施設長 秦 千代栄

感染対策の日々が続いておりますが、当施設ではコロナ感染者も今のところは出ておらず、日頃の感染防止対策の甲斐あって利用者様も職員も風邪やインフルエンザ等の感染症にかかることなく無事令和3年度を迎えることができました。

また、県内においてもインフルエンザが例年と比べ感染者が少なく、令和2年度は正しい手洗い等の重要性なども実感した年でもあったと思います。

さて、昨年度12月以降についての施設内の状況報告等が遅くなりましたが、少しずつ実施できる範囲ではありますが行事等も行って参りました。

12月にはクリスマス会や、もちつき、門松づくり、1月はだんごさしやサイノカミ、2月には豆まきなど、衛生面を気を付けながら利用者様に行事を楽しんでいただきました。

今年度もまだまだ感染対策においては気を緩めることはできませんが、少しでも利用者様が充実した毎日を送ることができるよう、行事等もよく検討しながら実施していきたいと思います。